目元のくすみと肌たるみを改善する4つの天然成分

年齢肌を改善するのは4つの天然植物成分

梅【Prunus mume】:ウメ

ウメの実は古来より、抗菌効果や疲労回復効果があるといわれています。
果実を燻蒸したものは、健胃・整腸・強心作用があるとされています。

 

松葉【Pinus densiflora】:アカマツ

日本では神が宿る神聖な木といわれるのが赤松の葉です。
生薬としては、血流促進作用、去痰、鎮痛、健胃作用があるとされています。

 

桜皮【Prunus serrulata】:ヤマザクラ

ヤマザクラの樹皮を乾燥させた桜皮は、生薬として、解毒・解熱・鎮咳・去痰作用があるとされています。
肌には収れん作用があると認められています。

 

厚朴【Magnolia officinalis】:ホオノキ

古来より刀の鞘などに利用されていたホオノキの樹皮を乾燥させたものが厚朴です。
生薬としては、抗菌作用、鎮痙作用、健胃作用があるとされています。

 

セルバイアブルコンプレックス

古来から生薬として知られていた植物の力を独自のテクノロジーで全く新しい美容成分へ進化させた<セルバイアブルコンプレックス>。
目元のくすみやたるみを改善する乳液は、この美容成分を配合し、肌の持つ力にしっかりアプローチしていきます。

 

※セルバイアブルコンプレックス:ウメ根エキス、アカマツ葉エキス、ヤマザクラ樹皮エキス、ホオノキ樹皮エキス(すべて保湿効果あり)の複合成分

page top